スポンサード・リンク

万里の長城

万里の長城について

あの有名な万里の長城は中国の北京市かラ北西に向けおよそ80km行ったところにあります。
万里の長城はユネスコ世界遺産にも登録されており歴史的に見ても大変貴重な建造物です。
海外からも多くの人が中国旅行で万里の長城を見に行きます。
また『万里の長城ツアーパック』が各旅行会社でも企画されております。
中国旅行で万里の長城は観光スポットとしてもあまりにも有名です。
その景観を目の当りにすると、多くの方が圧巻されることでしょう。

地球上にある建造物で月から見えるものって他には何かあるのでしょうか?
少なくともこの万里の長城は衛星からは勿論、月ほどの距離があるところからも確認できるようです。
現代では宇宙旅行なんて夢のような話し(具現化されてきておりますが・・・)ですが
近い将来、このお話しのように自分の目で月から万里の長城を見ることが現実のものとなるのでしょう。
是非、自分が月面に降り、肉眼でこの『万里の長城』を見てみたいものです。
夢は大きく膨らみますね。

万里の長城

民族の対抗 万里の長城

民族の対抗から生まれた万里の長城は沢山の書籍や研究からも有名な話しです。
また海外からくる観光客もそれなりの知識をつけた方が多く見受けられます。
万里の長城がユネスコ世界遺産登録されているということもあってまず、ここに訪れ深い興味が沸き、その歴史を勉強する人も少なくはありません。
それ程、興味が無くても現地を訪れるとその景観に圧巻され、もっと知りたくなる。
地球上に幾つかあるユネスコ世界遺産登録されている建造物の中でも大変、ファンが多いというこの万里の長城。
ここを訪れた方のお話しの一部ですが「万里の長城は、めまぐるしくも変わり行く現代社会と比較すると気が遠くなるほどの永い年月をかけ、人の手だけで造り上げたという現実から、人間の強さ、逞しさを肌で感じることの出来る唯一の場所だ」と言います。
一度ここを訪れると、更に勉強をし再度訪れるというリピーターの方も多く見られるようです。

万里の長城

万里の長城の現状

せっかくの歴史的建造物である万里の長城は、その永い年月による風化などで保存状態がかなり酷くなってきております。
一説によると現在の状態は原型から、およそ2割程度とも言われております。
また、風化によるものだけでもなく万里の長城付近住人が観光客のおみやげとして万里の長城に使われているレンガなどを壊し、切り崩して販売している光景も見受けられるのです。
中国の特にこの地方の現状をみると貧しさからも仕方ないと思われがちですが万里の長城も含め、このあたりは中国政府でしっかりとルールを作り保全活動に取り組む必要があるかと思います。
観光客にも心がけていただきたいのは「買う人がいるから売る人がる」ということを考えて行動してほしいと思います。
更に、もっと酷いのは周辺住民が「万里の長城」の一部を壊し、建築資材として使われているという現実があります。
悲しくも残念な現実なのです。

万里の長城

万里の長城の今後

万里の長城の周辺住民による破壊、また風化などでの被害を抑えるためにも中国政府に期待することは今後の保全活動を徹底していただきたいと考えます。
ユネスコ世界遺産ファンのみならず私たちが忘れかけている人間の強さ、たくましさ、団結力などを実感できる、体感できる場所なのですから。
また政府の活動のみならず観光客である私たちもこの「万里の長城」を
後世に残すためにも努力しなくてはいけません。
名前だけなら良く聞く万里の長城ですが実際に目の当りにすると小さな自分に心から勇気を与えられる建造物なんてあまり聞いたことがありません。
生きていくうえで道を迷ったり、行き詰ったりした時には是非、思い切って「万里の長城」を見に行ってみてください。
帰る頃には今までとは違う自分に気が着くことになるでしょう。
そんな貴重な万里の長城を私たちは今後も守り続けなくてはいけないのです。

万里の長城

中国旅行の必需品@

中国へ旅行に行く際の必需品をまとめてみました。

@パスポート&ビザ
渡航先入国時に必要となるビザ。
ここでは観光ビザについて説明します。
観光ビザは発給された後3ヶ月以内に入国を済まさなければならず、入国日から最大30日間内の旅行目的のものとなります。
海外両九お経験のある方はパスポートにスタンプが押されていると思いますが、それがビザとなります。
中国観光ツアーなどで旅行会社での手続きであればその会社が代行してくれるので特に自分で深く知る必要は無いと思います。
しかし、個人で中国旅行へ行かれる場合、ビザの取得には結構な手間と費用がかかってきますので事前に勉強し準備する必要があります。

万里の長城

中国旅行の必需品A

A中国旅行に関する情報集め
中国旅行に関する情報集めで一番簡単な方法は、まず旅行会社のパンフレット集め。
中国の見所を余すこと無く情報収集できます。
何しろ、プロが選択した名所ですから。
いくつかの中国旅行パンフレットであなたの行きたい場所や構想も的が絞られると思います。
実際に分からないことや不安点があれば窓口でお聞きすることもかなり有効です。その時点では当然お金はかかりませんし。
これは実際にツアーに参加しなくても有効な手段になります。
情報収集ができたら早速、航空券や旅先での宿泊先などを調べます。
ここで疑問が起こります。
意外と個人で調べたり手続きしたりと手間がかかり、同じ旅行経路でも実は旅行会社より費用が嵩むことが多いのです。
当然、旅行会社はツアーパックという商品事情から飛行機代、ホテル代、旅先での移動代まで考えるとトータルでは安くなるのです。
中国国内の友人などを尋ねる場合は別ですが、その場合でも経験から申しますとホテル代込みのツアーに参加したほうが安くなる場合もあるのです。(ホテルは空き部屋になりますが)
但し、独りぶらり旅をするときなどは格安航空券などを利用する手もありますからいくつかの選択肢から自分にあったものを吟味し計画を立てましょう。

万里の長城

中国旅行の必需品B

B国内で普段必要としている最低限の身の周り品は持っていこう。

中国国内のホテルは有名なホテル(旅行会社などのツアーでセットされているホテル)以外は全く状況が変わります。
ホテルと言えど歯ブラシやタオル、なんとトイレットペーパーまでもが付属されていないことも多いのです
また、公共のほとんどのトイレには扉も無く、男女共用だったりします。
容赦なく他人の音が聞こえてくるのです。
普段から使っている日常生活必需品は最低限持っていく必要があります。
しかし、あまり荷物が多いといろんな弊害がありますのであくまでも必要最低限で。勿論そのようなものを現地調達することも可能です。
当然、他国ですから文化の違いはありますが、中国は考えている以上に違いを感じることでしょう。
特に中国の田舎のほうに行けば公衆トイレすらなく野○○なんて当たり前です。
日本人女性にとっては大きな問題ともなりますので中国旅行先での暴飲暴食は避けたほうが懸命です。

  1 2  次の7件>>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。